作品の写真撮影のやり方とポイント

ここではご自身の作品をスマホで撮影するときのポイントと注意点をご紹介します。


ポイント① スマホを作品に近づけすぎない。

 

作品をとるときにやってしまいがちなのが、スマホ画面一杯に取ろうとして作品に近づけることです。

あまり作品に近づけすぎるとカメラレンズの構造上どうしても湾曲(画像がゆがんでしまう)してしまいます。

 

それを避けるためには1メートル以上は作品から距離をとるようにしましょう。

 

距離をとるとどうしても作品が小さく映ってしまいますよね。

ですのでしっかり距離をとった上でズームして被写体を拡大しましょう。

 

 

ポイント② フラッシュを使わない

二つめのポイントはフラッシュを使わないで撮影するということです。

フラッシュをたいてしまうと強すぎる光りが作品の一部または全体に反射してしまい作品が見えづらくなります。

最近のスマホは性能もよく感度が良いので室内でフラッシュなしでもきれいに撮影できます。

 

ポイント③ 作品の面とスマホが平行になるように気を付ける。

これはなかなか撮影しているご本人からは分かりずらいのですが、イラストの様に作品画面とスマホカメラが平行になるように調整してください。

ポイントとしては、スマホ画面の枠と作品の枠が平行になっているかを見ることです。

このイラストの青い線がスマホの枠(フレーム)とすると、赤の点線で示した作品の枠が平行になっていませんね。

なのでスマホの傾きを調整して、青い枠の線と作品の枠が平行になるようにしましょう。

 

ポイント④ 作品を床に置いて撮影する。

では最後に実際の撮影の仕方です。

ここまで見てきたように作品を撮影するのは実はずいぶん面倒だと思われた方もいるかもしれません。

そこでおすすめは、このように作品を床に置いて撮影する方法です。

このやり方だと作品との距離も取れますし、平行も出しやすいのです。

30号を超えるような大きな作品には向きませんが、スケッチブックほどの大きさなら十分です。

また作品を立てて撮った場合、室内だと照明に近い上の方ばかり明るく映ってしまい、逆に下の方は暗くなることもあります。

作品を床に置くことで均一に光が当たるのです。

ただこの時注意が必要なのが、撮影している自分の影が、映り込んでしまうことです。

明るい場所で撮影しようとして照明の真下に入ると、作品に自分の影が映り込んでしまいます。

なので照明と自分と作品の位置をずらして影が入らないように注意しましょう。

 

こうして撮影した場合でもやはり明るすぎたり暗すぎたり、色が違って見えたりすることは起こりますので

撮影した画像を確認し、適時ご自身のスマホの編集機能を使って調整してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です